雑談

一般男性がブログを始めた理由


皆さん、こんにちは!

最近韓国文化に興味を持ち始めた一般男性Kです!

初めての投稿という事もあり、突然一般男性がなぜブログを書き始めようと思ったのかを説明したいのですが、その前に私の簡単な自己紹介をしたいと思います

自己紹介

一般男性(K)

職業:私立大学生(2020年現在休学中)

出身:大阪

趣味:カフェ巡り

好きな食べ物:豚カツ

嫌いな食べ物:カボチャ

大きな経歴:海外に留学経験あり(現在韓国に留学中)

 

ざっとこんな感じです。

どこからどう見ても一般男性ですね!

 

現在韓国に留学していますがこれも経緯があるので、それについては次のブログで説明したいと思います。

 

ブログを書き始めた理由

 

私はちゃんと時間を大切にしているのか

 

さて、なぜブログを書き始めたいかと思ったかと言いますとズバリ

 

「あれ?今自分受動的に生きているんじゃないか?」

と最近感じ始めたからです。

昨今はYou Tubeやinstagram,Tik Tokなどの発展により個人の発言や表現の場が増えています。特に若い子は最近テレビを見ないなんてこともよく言われますよね?

 

実際自分もその通りで自分は小学生からパソコンを触る機会があったので(オンラインゲームなどしていただけですが)You Tubeもその時から見ていました。

 

中学生頃にはスマートフォンの普及に伴い簡単にソーシャルメディアサービスを利用できるようになり恐らく高校生?辺りからテレビは年末の特番程度しか見なくなりました。

 

そのような事などもありインターネット上の広告に比重が置かれるようになっていっています。

オンライン広告の増加

 

同世代のYou Tubeを利用されている方だと分かると思いますが、昔は広告がついていることなど全くなかったですが、今は多数の登録者を抱える動画には殆ど広告が掲載されています。

 

広告を表示しないようにするために月額を払わなければいけないほどオンライン広告の需要が高いです。

 

 

‘‘You Tube Dream’’なんて言葉のように、You Tubeで登録者を増やし、広告やビジネスに繋げれるようになれば経歴を問わず多額のお金を受け取れるという意味が含まれた言葉ですが、その結果そのDreamを掴もうとYou Tubeに情報を発信する方が物凄く増えました。

 

 

当然視聴者はその方々の動画を見ると思いますが、この構造って結局テレビを見ている視聴者と同じでした。

他人が作ったものを見て面白ければそのまま視聴し、しばらくたてば時間つぶしのために意味もなく視聴し、途中に見たくもないオンライン広告(やテレビのCM)に嫌気を指す。

 

一方的に情報を受け取る受動的な行為
だとつい最近長いオンライン広告を待っている時に思いました。

 

受動的な行為は全てダメなのか?

 

ずっと受動的で考える事をやめてしまうと人の知能は衰えていくと自分は考えています。「言われたことだけではなく能動的に動け」と言われたことがある人もいるのではないでしょうか?

 

勿論コンテンツが良ければ人が集まるのは当然ですし否定はしません。実際私もよく見ます。それだけ沢山のクリエーターが参加している業界です。

 

ですが私はもっと

自分の意見や考えを主張できるような人間になりたい、何か自分にしかできない情報発信をしたい

 

と考えました。

 

それの答えがブログでした。自分はパソコンのタイピングをすることがそこまで苦ではないですし私は現在韓国の食べ物や化粧、K-POP文化に強い関心を持っています。

男性で留学に来てまで韓国文化に興味を持つ人はあまりいない。男性視点ならではの意見を発信したい。そう思いブログを開設しました。

 

ブログの意気込み

 

現在私は日本企業の化粧品会社、韓国勤務を目標に毎日勉強しています。

またこのブログ活動を通してインターネットライターも良いのではないかと考えています。

 

男性視点の化粧に対する考え方やもっと沢山の男性が韓国文化に関心を持ってもらえるような情報を発信したいと思います。

また、自分が独学で韓国語を勉強したこともあり、まだまだ韓国語は英語などに比べると教材が不足しており現地や語学堂に通わないと理解ができないことがあります。

 

ですので自分なりに日本の方にも簡単に理解してもらえるような韓国語講座も作っていきたいと考えています!

現在BTSやTWICEなど韓国アイドルの人気も凄いですし少しでも言葉が理解できるようになりたいって考えている方は男女問わず少なからずいますからね。

 

このブログは一般的な男性視点から見た普遍的な情報発信を目指しており、そんな人たちの助けになれば幸いです。

長くなりましたがここまで読んで頂きありがとうございました!

 


COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です